冬が暖かくて快適!

実家が古い一軒家だったので、冬は隙間風も手伝ってとても寒かったです。
こたつから出るのも億劫だし、トイレに向かう廊下や洗面所も寒くて、歯磨きは台所で済ませていた時期もありました。
でも今のマンションに引っ越して、あまりの暖かさに驚きました。
特に中部屋(両方に別の部屋がある)なので窓が少ないのですが、その分冷たい外気を通しにくいのだと思います。
気密性も高いので、エアコンの効きも良いです。
また実家は結露もひどかったのですが、今のマンションは24時間換気が付いているからかあまり結露しません。これも驚きました。
寒い朝、ちょっと暖房を入れるだけで動き出せるって幸せです。
洗面所やトイレも、あまり寒暖差が出ないので、気持ち良く行けます。

最高の夜景が見られるマンション

私が昔住んでいたマンションの部屋は、高層階にありました。
都内ということもあり、夜には素晴らしい夜景を眺めることができ、夏には花火大会の特等席としても利用することができていました。
家にいながらにして、最高の景色や花火を眺めることができたというのは、とても素敵なことだったと思います。
仕事で疲れて帰ってきたときも、カーテンを開けて外を眺めていると不思議と癒されたものです。
結婚と同時に浅草の駅近物件に引越しをしてしまったのですが、その賃貸マンションの部屋のことはとても良い思い出となっていますし、次回引越しをすることがあれば、また高層階のある夜景の素晴らしいマンションに住みたいと考えています。
夜にも光の多い、都内ならではのメリットだったと思います。

引き出しを開ける事を忘れない

部屋探しの際に必ずチェックするポイントは、引き出しを開けるのを忘れない事です。トイレ、キッチン、お風呂などの水回りの確認、部屋の間取り、窓の開け閉め等、確認しなければならない所はたくさんあります。どれもこれも大事ですが、私がこのマンションに住むために外せない条件はゴキブリがいない事です。
その物件にゴキブリが住み着いてるかどうかは、実際暮らしてみないとわからない部分もあると思いますが、意外と引き出しを開けるとわかることもあります。引き出しを開けると隅の方にフンが落ちていたりします。文京区のハウスクリーニングが入った後なのにフンがあったりした場合は、高い確率でいると思っています。住んでみてゴキブリが出るとわかってもすぐに引っ越しは難しいので、痕跡探しは忘れてはいけません。