マンションに住んでて良かったこと

やっぱりマンションに住んでていいことといえば、マンションの高層部から見える景色が利点の一つだと思います。

朝や昼、夕方、夜といった時系列でそれぞれの景色を楽しむこともできますし、また春夏秋冬のそれぞれの季節も楽しむことができます。これはマンションの高層部に住んでいるからこその景色を堪能できるのだと思います。

次に利便性が高いことがいえます。

私の場合はマンションの一階部分がコンビニエンスストアということもあり、食料で困った時や、日常品を急遽きらしてしまった時など必ずといっていいほど利用しています。

最近ではコンビニエンスストアで宅配便を受け取れるサービスがあるので、ますますその利便性は高くなっていると思います。

設備が充実しているマンション

マンションで暮らしていると、持っていると便利だからできれば欲しいけれども、ちょっと買うのに悩んでしまうような家電や設備がおいてあって、住民であれば自由に共有できるシステムがあればいいなと思います。

たとえば、小さなものだとカセットコンロや大きな鍋、圧力鍋、大きな皿といったパーティなどに使える食器類や調理用具、大きいものだと、プリンターや布団乾燥機だったり、折りたたみ自転車などが自由に使えれば嬉しいと思います。

屋外のテラスや、会議室みたいなフリースペースがあって、住民であれば
自由に使えるようだと、さらに便利で、住民同士の交流もできるようになるので、セキュリティの面でも安心なので、不動産競売でこういった物件があったら、住みたくなると思います。